2016年05月25日

初、おそ松さん

昨日はおそ松さんたちの
誕生日だったらしいですね。

我が家にも
小4の松ガールがいまして
最近毎日
「ねえ、ママは何松が好き?」
と、聞かれて困っております。

正直お母ちゃん
6人の見分けもつかない状態。

なのでなんとなく毎回
思い付きで答えていますが

「トド松」と答えると
「えー…そうなんだ」

「カラ松」と答えると
「え〜!笑」

「おそ松」
「え」

いや何松が正解なんですかね!?

何松と答えたら
「そっか!」とか
「だよね!」が出るの?
難しいわー!

姉の影響か小2の次女まで
しっかり6つ子を見分け
突然「はい、ママこれは何松?」と
クイズを出してきます。

「えっとえっと」と戸惑う私に
「髪の毛見て!チョロ松でしょ!」
「一松くらいわかるでしょ!」
と、呆れつつ教えてきて
昭和生まれのプライドを
ズタズタにする7歳。

くやしい・・・

そんな次女と先日
スーパーに行った時のこと。

娘が、
おもむろに私を見上げ

「ねぇママ、シェーやって」

と唐突に要求。

「えっ   今?」

「今」
「ここで?」
「ここで」
「なんで」
「見たい」
「見たいの?」
「見たい見たい見たい!
 ママのシェーがどうーしても
 今見たい!!(真剣な目)」
「・・・」

これは
シルバニアファミリーの
『明りの灯る大きなおうち』以来の
渾身のねだり方…

よほど見たいんだな。


「あのね、でもここはスー」
「できないの?」
「え?」
「シェー知らないの?」


「知ってる」

昭和生まれの原作世代を
馬鹿にするでないわ!
ママがおそ松たちを
見分けられないからって
シェーすら知らないと思ったか!

周りを見ると誰もいない。
今がチャンスか。

「わかった」

静かにカートを通路の端に寄せ
天を仰ぐ。

そういえば・・・
41年生きてきて
まだ1回もやったことなかったなあ。

まさか、この年になって
平成20年生まれの小2に
スーパーの通路で
こんなに真っ直ぐな目で
「シェー」をねだられるとは
思ってもいなかったなあ。

やるからには
本気でやらないと
余計に恥ずかしいよな・・・

様々な思いが交錯する中、
ゆっくり息を吐いてから
思い切り吸う。

見とけよ、娘。

これがママの・・・


「シェーーーーッ!!!」


缶詰売り場にまあまあ響く声。

足は4の字、
片手は曲げて顎下に、
片手は真っ直ぐ伸ばし
手首を曲げて
念のため歯も出した。

片足でプルプルしながらも
初めての割には
なかなか決まったのではないか。

何より
照れずにやり切ったことは
自分でも高く評価したい。

一応娘の反応があるまでは
じっとするが、
時が止まったかのような静寂なので
そっと娘を見る。

あれ?

真顔。


めっちゃ真顔で見とるわ。


「これぞ真顔なり」っていう
標本になりそうなくらいの
真顔で見とるわ。

あかんあかん、おかしいな。
どうしよう。

汗腺もないような場所から
汗が噴き出そう。

娘は真顔で私の「シェー」を
上から下までじっと見て

「違う」

と言い、
私のナイキのスニーカーを
スポン!と脱がせてポイと投げ、
急に靴下を引っ張り出した。


えっ
そこ忠実に再現!?


スーパーでの
突然のぶっつけシェーに
靴下のビロロ〜ンまで
求められてんの!?

厳しすぎませんか。

そして娘は無言で
私のスマホを出して
「シェー」を画像検索。

ほんまや・・・

片足は靴はいてるのに
上げてる方の足は
靴下ビロロ〜ンやわ。
て、イヤミどうなってんの?
毎回靴脱ぎ捨てるのか?
あまりの勢いで飛んでいくのか?
それともまさか
靴がビロってるのか?

私が画像を
食い入るように見ている
その間にも
靴下を引っ張り続ける娘。

でもママの靴下
最近のイケてるやつやから
ほら、短い短い甲のとこまでしか
ないようなやつやから
うまいことビロロ〜ンとは
ならんと思うのよ
だからね、そんな引っ張ったら

ほら脱げたーー

ほんで人来た!人!

見てる見てる!
シェー見てる!

足を下ろそうとする私と、
うまくビロロ〜ンとならずに
すぐ脱げる靴下にイライラした娘。

半泣きで
小さい靴下を床にたたきつけ

「もう!ママは
シェーできない!!!
(ダッと走り去る)」

捨て台詞?

スーパーの缶詰売り場で
全身全霊の初シェーを放った母を
片足裸足で置き去りにして
捨て台詞ときたか。

迷うことなく
お菓子売り場に走っていく
小さな背中がかすんで見えた。

イケてる靴下と
ちょっと遠くまで飛んでいた
スニーカーをケンケンしながら
拾って履いて
夕飯の食材が入った
カートを押して
ゆっくりと追いかける。

お母さんって、大変ですね。



今度は
ビロロンってなってる靴下を
あらかじめ履いて、
シェーッのタイミングで勢いよく
靴を飛ばすことができるように
こっそり練習しよう。

おわり
posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 17:33 | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

秋、運動会


各地の運動会も
そろそろ終わりでしょうか。

うちは毎年9月の終わりに
開催されます。

今年はパパの仕事が
夜からだったので、
初めて最初から最後まで
娘の頑張る姿を揃って見れて
親子ともより楽しい
運動会になりました。

運動会といえば
場所取りですね。


場所取りなんです。


私も子供が小学校に入るまでは
「ふーん」としか
思っていませんでしたが
今は結構な重要事項です。

代行業者に16000円くらいで
頼むお父さんもいるとか。

連日の激務、
深夜帰宅当たり前の
世の中の頑張るお父さんが
休日の早朝から2時間ほど並び
立ってないといけない。

そらお金で解決できるなら
してあげてほしい!

それくらい過酷な任務なのです。

我が家のパパも
毎年頑張って
朝6時前に家を出て
並んでくれています。

二日酔いで
フラフラやってきて
運動会の最中に寝てしまう
小堀とはえらい違いですね。

しかも寝る場所が
なぜか校庭の隅の鉄棒の下。

棒の下の
地面に横になって
本気で寝る姿を
色んな家族が
チラ見して行ったそうです。

なぜ鉄棒の下?
屋根の代わり?

いや、細。屋根ほそ。

そして奥さんの元に
心配したママ友がやってきて
「パパあんなとこで寝てて大丈夫?
 風邪ひかないかな?
 新聞紙でもかけてあげたら?」
とアドバイス。

いや地面に寝てる人に
新聞紙かけたらあかん。

それはもう
家ない人か死んでる人や。

小学校の校庭に
置いてたらあかんやつや。

これは
わけわからんとこで寝た小堀が悪い。

まあそれも数年前のこと。
当時きっちり説教しました。
でもせっかくこうして
また思い出したので
後で小堀に電話して
もう一回リターン説教するとして。


場所取りです。

今年は
前日一日中土砂降り、
そして当日朝もやまない小雨の中、
「あるはずがない」そう止める
私を振り切って
6時前に一応家を出る
真面目なパパ。

しかし間も無く学校から
今日やります!という
驚愕のメールが。

さっきまで普通に雨降ってたよ!
グラウンドびっしゃびしゃやろ!

と思いつつ
急いでお弁当を仕上げて
駆けつけると
不思議不思議
グラウンドだけ乾き始めている。

地中に大量の乾燥ワカメでも
埋めてるのか?
と疑ってしまう驚異の水はけ力。

地元の人に聞くと
「この学校は昔から
 水はけの良さで有名だから」
とのこと。

聞いたことのない長所。
学力とかじゃなくて
水はけ。

しかし本当にすごい。

真面目なパパのおかげで
無事に良い場所も取れました。


そもそもなぜ
ここまでして皆場所取りをするのか。

様々な理由があるでしょうが
うちの学校の場合、決して
「我が子の姿を一番近くで見たい!」が
理由ではないのです。

最近、ニュースなどでよく見る
運動会の光景というと
テントを張り、
今からバーベキュー?
ってくらいの
パラソル&テーブルセットに
果てはハンモックまで
設置する保護者たち。

いやいや楽しそうやけど
運動会を何やと
思ってんねん。
どんだけ快適に過ごそうと
してんねん。

そう思う人もいるかもしれません。

私も前まで
うーん?と思っていました。

でも、正直…

早朝から夕方近くまで
8時間ほどを校庭で過ごすには

ちょっとは快適じゃないと
辛いねん!
(やりすぎはダメですが)

季節は初秋ですが
まだまだ日差しのきつい
9月末〜10月頭。

かんかん照りの運動会日和に
朝5時起きで唐揚げあげて来た体を
数時間日光に晒していると
100あった体力が
午後には余裕で2くらいに
減ります。
次の日もしんどいです。

といっても
うちの学校はそういった
テントなどの類は一切禁止。
日傘すら視界の邪魔になるから禁止。
皆きちんと守っています。

だから、
場所が全てなのです!

長年通う達人は、
一日の太陽の動きを把握して
日中最も陽が当たらない場所を
朝の5時前から並んで確保。

うちは入学して初めての年は
それを知らなかったので
場所取りをせずに
普通にフラッと
開始時刻に行って空いてる所に
シートを敷きました。

すると、そこは密集するシート群の最前列。
常に通り道になる場所で
一日中誰かが靴のままシートの端を踏み
シート上は砂だらけ。

加えて、周りに遮るものが何もないので
一日直射日光がぶち当たり、
帽子をかぶっていても日焼けに。

楽しいお弁当の時間も
お手洗いなどに行き来する人が多く
照りつける陽射しと
砂埃の中で目も開かずゴホゴホと
一日を過ごさなければいけない事態に
なってしまったのです。

朝5時から並んでいる家族を
ふと見ると、
奥の誰も通らない
大きな木の下で
全く陽に当たることなく
涼しい顔して
おいなりさんを頬張っているではないか。

キラキラ輝く家族の笑顔とおいなりさん。

これか!

これだったのか!

場所取りによってこんなにも
天国か地獄かを左右するのか!

確かに
我が子が一人の場合
20くらいあるプログラムの内
3〜4回くらいしか出番はなく
保護者は他の時間のほとんどを
シートの上で過ごさないといけません。
(うちの学校は競技に出ている学年の
 親御さんに最前列の応援を
 譲らないといけないので
 下がらないと邪魔になる)

ということで
次の年からうちも
陽の当たらない場所を確保するため
早朝の激戦に参戦することに
なったというわけです。

それからは体力も奪われず、
元気に我が子を応援できる
より楽しい運動会になりました。

今朝、ある番組の
昨今の運動会
という内容の特集で
我が子の名前が書かれた
キラキラうちわを振って
応援する親御さんが
紹介されていましたが、
番組内では批判の的というより
その楽しそうな様子に
「全く関心がないより
 盛り上がっていて良いのでは?」
という意見があがり
私も少し同感しました。

せっかく年に一回
子供たちが本気で挑む運動会。

親もやりすぎない程度に
本気で盛り上げて行きたいですね。


ただ・・・

今年は
「お母さんお弁当張り切ったのに
お箸を忘れる」
という
運動会あるあるの中では
ど底辺の
一番しょうもないやつを
やってしまいまして
我が家だけひたすら手で食べるという
ことになってしまいました。

カラアゲ、卵焼きくらいは余裕なのですが
アスパラの豚肉味噌巻き焼きくらいから
ちょっとつらくなり、
お揚げと小松菜の煮物を
手ですくって食べる様は
周囲の人に
宗教上のアレかな?
タイとかインドの系統?
と思わせたかもしれません。

すみませんでした。

IMG_9079.jpg
posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 13:22 | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ゴールデンウィーク〜怒りのタイヤ物語 そのA〜

〜前回からの続き〜

タイヤのワイヤーは
切れてないのに
完全に切れてしまった私。

Mこら―――!!!

すぐに電話してやりたい
衝動を抑え
その後
念のため時間をかけて
ディーラーの整備士さんに
丁寧に見てもらいましたが
やはりタ〇ヤ館のIさんと
同じ見解で
膨らみはワイヤーの接合部分だと。
このタイヤは全てに小さな膨らみが
あるものだと。

ジュースを出してもらい
子供たちがキッズスペースで
遊びたいと言うので
せっかく来たし申し訳ないし
そろそろ変え時の
バッテリーを交換。

1時間待つ。
4万円近くの出費。

どっちにしてもか!

どっちにしても
どっこにも行ってないのに
初日に4万円出費か!

Mめ!!

まあこれはしょうがないか!

でも
Mにスタンドで
「オイル交換もした方がいい」と
言われたが
ディーラーでは
まだ必要ないと言われたぞ!

しかも
Mが自信満々で行けと言った
タ〇ヤ館××店を
調べたらなあ!

最初に行ったIさんの
とこやったわ!

Mどうなってんねん!

ノルマか!
ノルマが君をそうさせたのか!
ノルマが君に
あんなドヤ声を出させたのか!
名刺に「主任」と書いてあったからな
色々大変なのかもな!

…というわけで

危うく
何の問題もない
正常なタイヤを
12万近くも出して
(廃棄代+800円)
買い替えるところでした。

そして子供たちは
その後
やっと目当ての公園に
行くことが出来ましたが
すでに陽も暮れかかり
(最初お昼ご飯前だったのに…)
あまり時間がなく
満足に遊ぶことも出来ず
私は子供たちに大謝り、
楽しい休日の初日がほぼ
移動とタイヤの説明でつぶれ
気を使って運転し
いらぬ不安を煽られ
やけにタイヤにだけは詳しくなり
予定より大幅に帰りが遅くなり
休日の渋滞に巻き込まれ
家の近くに着いたら18時半。

ただただ無駄な時間を
過ごしたのです。

お友達を送り届け
家に帰ると
もうくたくた。

子供たちにご飯を作り、
お風呂に入らせている間に
携帯を握りしめる。

やっぱりね
何もなかったことは
報告しないとね。
今後の為にもね。
Mさんが
同じ間違いで
被害者を出さないようにね。

Mさんに
静かに報告。

・ワイヤーは
 やっぱり切れてませんでした。

・念のためディーラーに行き
 プロに見てもらいました。
 切れてないと言われました。
 やはり接合部分だと
 言っていました。

・あなたが行けと言った
 タ〇ヤ館××店も行きました。
 そこでもワイヤーは切れていない、
 接合部分だと言われました。

・あのまま信用していたら
 何も問題のないタイヤを
 12万円かけて
 4本とも替えるところでした。

・結局間違いで
 無駄な時間を過ごしました。
 子供たちが1日遊ぼうと
 楽しみにしていた
 公園にも少ししか
 行けませんでした。

・嫌な気持ちです。

と、お伝えしました。

さあ来い!

謝罪来い!

もう疲れたし
今後こんなやり方で
他の人のタイヤを交換しないと
約束するなら
許してやろう!

という気持ちで
話し終えると、
Mは
「ちょっと待ってください。
 まあ今日僕が言ったことで
 色々行ってもらって時間を
 使われたことはすみませんw
 でもね僕も」

え?
え?今謝った?

いや何?
えらいサラッと謝ったなあ!
しかも半笑いで。
聞き逃すとこやったわ!

「でもね
 僕は講師の方について
 ちゃんとしたタイヤの講習を
 受けてるんですw
 その講師の方が言った通りの
 説明をお客様にしただけですし、
 膨らみがあった場合は
 ワイヤーが切れている、
 そう資料にも書いてあります。
 お見せしたっていいです。」


ま〜だ〜言〜う〜?


その資料は見せなくていいのよ。
まあきっと膨らんでたら
切れてるんでしょう、
書いてあるんでしょうね、
その資料にも!
知らんけどさあ
でもほんとに切れてたら
もっと膨らみ方とかが
違うんじゃないですか?
だいたいタイヤにも
傷が残るって言ってましたよ?
そういう説明はそちらでは
なかったけどそれは知ってたの?

「それは習ってないですね」

ていうかさ〜
もうさ〜
無理やって〜
そればっかりでは
無理やって〜
ちゃんと謝って〜

「とにかく僕は
 一部が膨らんでいたら
 ワイヤーが切れているので
 タイヤ交換を勧めると習ったので
 ちょっと講師の方に
 連絡取らせてもらいますね」

知〜ら〜ん〜

勝手に取ったらええがな〜

でもね、
あなたが私に
わざわざ行って来いと言った
あのタ〇ヤ館××店、
あのあなたが
「絶対僕と同じこと言いますから!」
って豪語したあのタ〇ヤ館××店の人も
完全に否定してるんですよ。
接合部分だと。

「いや〜
 接合部分なんて習ってないのでw」

あかん〜
地獄の一点張りや〜

だからそれは知ら〜んのよ〜
あなたがどんな講習受けたか
別に私はどうでもいいんですけど、
講習で習ってないことだって
あるかもしれないじゃない?
知らないこともあるかもしれない
じゃないですか。
それなのにあなたは
「明らかに切れている」と
私に断言したの。
だから私は怖くなって
色々時間をかけて確認したの。
でも他の講習も受けたであろう
タイヤのプロ達が
口をそろえて違うって
言ってるんですよ。
それについてどう

「わかりましたww
 ちょっと僕もこれは自信があるので
 タ〇ヤ館××店の人と
 話してみますねw」

わかったわかった。

じゃあ話してみて
電話ください。


数分後

「あの〜まあ〜
 要するに
 どうやら僕の知識不足だったようで
 誠に申し訳ございませんでした」

あれ、どうしたん?
何があったん?

明らかに声の調子が変わったよ?
あれかしら、
Iさんに
コテンパンに論破されたのかしら。

「接合部分があるみたいなんですよ」

だから何っ回も言いましたよ?

「え〜今Iさんという方と
 お話させて頂きまして、
 タイヤに関しての僕の知識が
 浅いので接合部分があるということを
 知らずにお客様にタイヤ交換を
 勧めてしまったみたいで
 すみません。
 でも今回は違いましたが
 僕の習ったことも決して
 間違いではないと
 おっしゃって頂きました!
 今回のことはちゃんと
 店長にも報告しておきます。
 講師も、今連絡が取れないので
 ゴールデンウィーク明けに
 もう一度連絡して
 話しておきますので。
 ではすみません〜」

ちょっと待て。

待て待てい。

あかんあかん、
私全然納得してないわ。

まずさ、私何回も接合部分だと言われましたと言いましたよね?あなた今、自分で知識が浅いとおっしゃいましたけどそれならその時にもしかしたらそういう可能性もあるかもしれない、自分の知らないこともあるかもしれないからちょっと断言は避けてこちらでも一度調べてみよう、と、思うべきだったんじゃないですか?少しでも自分でその可能性について調べましたか?その時点で講師に連絡しましたか?他の営業所のタイヤに詳しい人に電話して聞きましたか?やってないよね?やってないんだ。それがまずおかしくないですか?あなたがハッキリと私に「明らかに切れてる」「危ない」と言い切ったから私は恐怖を感じて無駄な時間を使って走り回ったんです。普通あんな風に言われたらそうなんだ、と信じて言いなりでタイヤを購入してしまいますよ。それでもね、私はあなたが子供にも優しく良い人そうだったからきっと危険を防ぎたいあまりに良かれと思って言ってくれたんだろう、と思い込むことにして文句も言わずに一度は穏便に電話でキャンセルしようとしたんです。それなのにあなたはその電話で人を馬鹿にしたような態度で断言して更に不安を煽った。しかも危ないと言いつつ他のところへ行けと言った。私は命に係ることだからと怖い思いをしながら、念のためバーストした時の対処法も学んで慎重に運転して一番信用できるディーラーまで行った。そして結果は一緒だった。なのにその結果をお知らせしてもあなたはまだ私の言うことは信じずに講師が資料がと言い訳をして、結局最後は「僕習ってなかったからすみません〜w」じゃこっちは納得できません。

ということをまずは一気に
小堀に怒るよりは優しく
お伝えさせてもらいました。

あと気になっていたことも。

まず最初に4本全部替えろと
言ってきたけどあれなんで?
仮にワイヤー切れてたとしても
他のところでは4本替えろとは
言わないと聞きましたけど。

「あの〜
 タイヤって輸入物なんで
 値段が変わるんですよ。
 それで、2本替えるより
 絶対に安いうちに
 4本まとめて替えた方が
 お得なので…」

まあまずそれは大きなお世話だし
最初に言ってたことと
全然違うよね。
あの時なんて言いました?
私が「まずは2本でいいのでは?」
と言ったら
「1本切れてんだから他のも切れますよw」
と言いましたよね?
どういうこと?

「それはこちらの説明不足でしたけど
 僕は良かれと思って」

いや不足も何も全く別のこと言うてたでしょ?輸入で価格が…って話は今急に言い出したんですよ?そもそもお金払うのはこっちなのにこっちの意志も聞かず説明もせず2本より4本買ってた方がいいから、って何ですか?なんで勝手に決めるんですか?まだ価格も上がってないし何本買うかはこっちが決めることじゃないんですか?あとね、店長に自分で報告するって言ってましたけど必要ないです。本社に私の方から直接お話させていただきますから。私は一回目のキャンセルの電話の時にちゃんと対応してくれたら許そうと思ってたのに残念です。今めっちゃ腹立ってます。これはもう休み明けにきっちりしましょうね。

今度は少しだけ
小堀に軽めに怒るくらいの
感じで言いました。

Mさんはその後もう一度
謝罪した後、
「あのーまた店に来たら一声かけて
 僕を呼んでください。
 洗車しか出来ないですけど
 僕が1回無料で
 やらせてもらいますんでw
 それしかできないんですけど!
 僕、役職とかついてるわけじゃないんで
 ほんとにそれ以上のことは
 何も出来ないんですけど!w」

いらんわ。

かなりの速さで言う。

別に何もしていりません。
まずなんでこんな嫌な気持ちになったのにわざわざそちらに出向いて、わざわざあなたを呼んでもらって洗車してもらわなあかんの?しかも、これしかできません!これしか!って強調してるけどこっちは何も言ってないのに何ですか?ほんでもっと言ったら別に洗車したからってそっちは損してないよな!その分の時給はもらえるんやし!それが最大限の謝罪みたいに言うんじゃないわ。そんなことより私はただ、今後気をつけて欲しいの。知識の浅いことなら断言するんじゃなくもっと慎重になって欲しいの。間違ったことで何も知らない人から高額な金額を払わせるのはやめて欲しいんだわ。


Mさんは、
もはや最初の元気は
どこにも見当たらず
最後は
今後気をつけることと
店長より上の者にきっちり話して
店舗でも気をつけること
を約束してくれ
電話を切りました。

ほんま
これが小堀くんやったら
胸倉掴んで
このご時世に往復ビンタやで!!

まあ小堀くんは何もせんでも
ビンタしたいけど!

たまたま私の場合は
切れていなかったですが、
膨らみがあった場合
本当にワイヤーが切れていることも
あるかもしれないですし、
他のスタンドさんはもっと
きっちりしていると思うのですが、
今後も車の事に限らず
少しでも疑問を感じたら
勇気を出して他の専門家の意見を
聞くのは大事なことだと思いました。

まあ、Mさんも
講習で習ったことが全てだと
思い込んでいただけで、
あれだけ食い下がったのも
本当に危ないと思って
言ってくれたことは
変わりないと思いたいです。

ただ、
我が家はこんな
連休初日で少し疲れました…

皆様もお気をつけください。


-----------おわり-----------
posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 01:17 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする