2015年01月06日

恥、エレベーターの防犯カメラ

防犯と言うとね、

最近多いのでしょうが
うちのマンションの
エレベーター内にも
カメラがついていて、
その映像は1階の
エレベーターを待つ場所の
上のモニターで
見ることが出来ます。

防犯上
エレベーターの中が
今どんな状態か
見ることが出来るわけですね。

先日、夕方
一人で帰ってきて
エレベーターを待ちつつ
何気なくモニターを見上げると
丁度6階から人が乗って来たところ。

高校生くらいの男の子かな?
いたって普通の。

イヤホンをして
ちょっとアゴを出したり引いたり
しながら乗り込む姿が映ります。

お気に入りの音楽でも
聴いているのでしょう。

男子はボタンを押すと
真っ直ぐエレベーター後方に向かい
そのまま正面にある全身鏡に向かい
ややかっこつけたポーズで
アゴを上げた角度で
ノリノリの自分を見ています。

ああ
そういう時期なのでしょうね。


丁度その向きに
カメラがあるので
イキっている表情も
いい角度で
バッチリ写ってしまっているのですが
本人は音楽にのめり込んでいて
気付いていないのか、
まさか人が見ているとは
思ってないのか…

何か少し嫌な予感を
抱えつつ
じっと見入る私。

すると
エレベーターの中の男子が
鏡に向かって
ノリノリで歌い出した様子。


しかもどうやらこれはあれだ。


ラップだ。


あーあー

あかんあかん。


モニターの中で
首をすくめ
肩を入れて
激しいラップの動きを
鏡の自分に向かって繰り出す
普通高校生男子。


これはいかん。

これはいかんぞ。


なぜか変な汗をかいて
キョロキョロしてしまうと、
いつの間にか隣に人がいて
ビクッと驚く。

隣には、
モニターを真顔で見上げる、
同じ階に住んでいる
真面目そうな中学生男子が。

「あ、こんにちは…」
と、お互い挨拶をして
非常に気まずい感じで
また同時に見上げる。


何これ。

帰りたい。


モニターに目を戻すと
高校生男子は
もうすっかり両手が
フレミングの法則に
なっていて
フレミングで前髪を払い
フレミングを交差させ
フレミングを胸に叩きつけ、
鏡の中の自分を指さし
HEY!YO!YO!真っ最中。


あーいかんいかん。

これは
夜中に自分の部屋でやるやつ
ちゃうかな。

一人PVだ。

人に見られたらあかんやつや。

どうしよう。


降りて来た男子の
恥ずさを考えると、
なんかもう
ソワソワとゾワゾワが止まらず
思わず歩き回ってしまう私。

これは…
どういう顔で迎えてあげたらいいのか!

こんなところ人に見られてたと知ったら
私ならその場で
ジタバタ!と悶絶死するかもしれない。

降りてくる男子と
目を合わせる自信がない!

ふと振り返ると、
そこにはいつの間にか
荷物を積んだ台車の手すりを持ち
ガチャピンのような呆れ半目で
モニターを見つめる配達の中年男性が
増えている!


やめてやめてもう

見ないであげてーーー!


思わず叫びそうになった時、
更に家族連れが3人
後ろからやってきて
モニターを見上げる。


いかん

これは…


殺傷事件になるかもしれん。


やばいやばい
もう1階に着くよエレベーター。

どうする?

皆、一回解散せえへん?

これ、かわいそうすぎへん?


思わず
『目撃者への逆恨み』
とか
『復讐』
の字が脳内に躍り出し、
もう半ば本気で心配になって来て
エレベーターが到着すると同時に
壁のくぼみに隠れる私。

それを横目で見る住人達。


皆も早く隠れろ!!


目で訴えるが皆動かない。


そしてエレベーターは
ついに1階へ。


くーーーー

どんな顔で降りてくるの?


隠れはしたが、
ここまできて
反応を見ないわけにもいくまい。

こっそり陰から見ると、
扉が開くと同時に
満足げに振り返った男子の
イキり顔が消えたところだった。

全員真顔で注視という
地獄の光景を目の当たりにし、
男子はものすごく小さく
「おっ…?」
と声を出し
一瞬ひるんだが
すぐに何事もなかったかのような
顔でイキって去って行った。


いやいやいやいやいや


さっきまで
フレミングYO!YO!
やったやん

一瞬
足早に去る男子の周りを
ニヤニヤ飛び跳ねながら
「え?何?『おっ…?』って何?
 『おっ…?』とか言うたら
 余計恥ずいやろ?
 どうしたん?
 『おっ…?見てたの?』て
 思ったん?
 何か言わなと思ったん?
 思わず出たん?
 『おっ…』って?
 まあいいや
 とりあえず今どんな気持ち?」

と、マイクを向けたくなったが
グッと押さえて、
やっと来たエレベーターに
その他の方々と乗りこんだ。


エレベーターの中の空気は
心なしか重かったが、
全員の頭上に浮かぶのは

「これから気を付けよ!!」

一点だったように思う。



防犯も人目も
とても大事ですが
こういうことにも
気を付けましょう。
posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 12:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

未、謹賀新年

明けまして
おめでとうございます。

皆様にとって
昨年よりも
笑いが多い
1年になりますように。


今年は
数年ぶりに自分の家で
過ごす静かなお正月でした。

なんとなく
おばちゃんになったら
勝手におせちが
作れるようになる、と
思っていたのに
全くその気配がなく、
どうなってんねん
話が違うぞと
首をかしげながら
仕方がないので
買って来たものを
ちょこちょこ
盛り付けました。

それでも
紅白なます、
子供用に
お煮しめ代わりの
筑前煮、
お雑煮、
だけは一応
作りましたが
その用意だけで深夜まで。

黒豆なんか
ちゃんと作ろうと思ったら
8時間煮るとかいう
噂ですが、
心のどこかで
都市伝説ちゃうか、と
思っています。

うちはお正月に
あまり家に
いないので
重箱もなく
なんとかごまかし
こんな感じでした。

おせち2015.jpg
金銀のお皿があると
クリスマスのケーキや
ひな祭りのちらし寿司など
イベントごとに
ほんとに役に立ちます。

でも来年は
重箱買おうかな。


昨年末は
おかげさまで
2丁拳銃が
THE MANZAI決勝に
行くことが出来ました。

結果は残念でしたが、
皆様からの温かい応援
本当にありがとう
ございました。

本人達は
年末年始
クリスマスから今日まで
休みは1日だけで
毎日毎日何度も舞台に立ち
今年も元気に
漫才漬けでございます。
本当に有難いことです。

なので、
きっと今年は
もっともっと
良い漫才が
出来上がるはず!

皆さん、
今年も
2丁拳銃をどうか
宜しくお願い致します。

posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 14:09 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

星、THE MANZAI

お陰様で
2丁拳銃が無事、
THE MANZAIの認定漫才師に
選ばれました。

応援してくださっている全ての皆様、
支えて下さっている全ての皆様に
感謝いたします。

といっても
大事な勝負はここから。

3年連続の快挙でもありますが
過去と同じ結果にならないように、
今年こそ決勝の舞台で
目から血出るくらいおもろい漫才を
皆様にお届け出来ることを
心から願っています。


芸人の嫁になって
12年。

神社では、
隣で手を合わせる人の
願いが叶うようにと祈り、
一番星を見たら
無意識に「一番」を
祈るようになって
12年が経ったということです。

星だけでは
足りてないような気がして
今では
東京スター銀行の看板を見るだけで
自然と祈りのポーズを
取るようになりました。

たまには小堀くんに
イラッとすることもありますが
これからも私は、
ずっと2人を応援します。

今年こそ行け!
勝つんだ、2丁拳銃!


ということで、
とりあえず小さくお祝いです。

image.jpg

大変楽しそうですが、
この後小堀君は別件で
説教されています。

そして小堀君は
「酔ってますか?
 あれ?酔ってるんちゃいます?」と
人に言いながら
指さしたその手で
自分のグラスを倒して
思いっきり自分の方に
お酒をこぼすタイプの人です。

もっと言うと、その後
おしぼりで全然関係ない場所を
ゆっくり拭いてしまうタイプの人です。


でも漫才、おもしろいです。
これからも2丁拳銃を宜しくお願い致します。




posted by 2丁拳銃・修士の嫁 at 23:31 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする